上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブリッジのお仲間の家でコントラクトブリッジ勉強会に参加させていただいています
今回でこのお宅は2回目です


suiburi02.jpg


ブリッジを勉強するというより
美味しいお昼を食べに行くという感じです
今日も美味しいお弁当を買ってきてくださいました
ありがとう!

お汁やサラダは前回もこのお家のホステス様が作ってくださいました
今回も美味しい~卵豆腐入りお汁とポテトサラダです

ブリッジをしているよりも食べて話している時間の方が長いのです

東京に来てすぐなのに新しい仲間の会に参加できて
私は幸せ者ですね!

suiburi03.jpg





★★★☆☆☆

その帰り道バスの中で見た看板です

oomiya02.jpg

近くに寄ってよ~く見ると

oomiya01.jpg

”ところで東京のへそってな~に?


スポンサーサイト
okisoba01.jpg


照喜名の沖縄ソーキそばセット4人分です

オットドッコイさんが沖縄に出張でお土産に買ってきました!!

「沖縄そば」南の島にいたときは最低でも1週間に1度は食べていたのにな~

この照喜名のそばは那覇空港の
JAL搭乗口前のすぐ目の前の土産物店で売っています
乗る寸前に買えます
乾麺と違って生麺ですから美味しくいただけますよ

okisoba02.jpg

コーレーグースのかわいい小瓶も入っていました

☆☆☆★★★☆☆☆★★★

今日お出かけの時
我が家の最寄駅の線路沿い眺めましたら
アジサイのアーケードでした




senrozoia.jpg



sennrozoi01.jpg


踏み切り半ばで写真を撮りました
(良い子はまねしないでね!!)

そろそろ7月ですからもっと雨降ってもらわないと困りますね
天津へオプショナルツアーで行った時のことです
天津は北京から汽車で1時間くらいの都会です
北京オリンピックの時は一部の競技を天津で行うそうで
北京同様こちらも建設ラッシュでした
中心部は高いビルもいっぱいあって都会と思えるのですが
天津の駅でのこと
トイレを使おうとトイレに入ったら
全てのドアーが無いではありませんか

頭をこちらに向けて女性が用を足している構図を思い描いてください
全部丸見えなんですよ!!

驚いて出るものも出なくなりました

それから北京のホテルに帰り着くまで私はトイレに行かずに済ませたのでした。

その場面写真に撮るわけにはいかないので
マー画伯に登場してもらいましょう
10くらいある部屋全部にドアーがないので「おっととっと」とスーッと引き返しました

pekintoire.gif
マー画伯絵




北京駅外観と中の様子


北京駅から汽車で天津まで行きました
我々二人のためにツアコンが一人付いてきてくれました

北京駅はチケットを持っていないと入れない
入るとき荷物検査がある
ホームへも時間が来ないと入れない

帰ってきた時も出口専用の道があってホームから駅の外まで
ストレートに出されてしまう

駅というところは人が自由に出入りできる所と思っていた私の考えを
北京駅は真っ向から否定していましたね
人間の滞留を許さない場所でした

pekin27.jpg
時間が来てホームへ降りていきます

pekin28.jpg
行きのチケット二等座席と書いてありますね


pekin16.jpg
我々が乗った汽車です


天津へは肉まんを食べに行きました
いえ、違います
観光に行きました(笑)

pekin17.jpg


pekin18.jpg


北京3日目
故宮は地下鉄で行きました
地下鉄はホテルのある「建国門」駅から「天安門東」駅まで2つ目で
料金は全線一律で3元(日本円で50円くらい)でした

駅から出てからが遠い遠い故宮にたどり着くまで
道に迷ったりして数十分かかりました

故宮の中は広くて広くて
南の島にいた時あったお城「首里城」なんて故宮に比べたらノミのよう
日本語解説のインターホン40元(日本円で600円くらい)
(デポジット100元は後で返してくれます)
を入り口で借りて廻りましたが暑いのと歩きとで疲れて声もでないほどでした



ここは清の最後の皇帝・溥儀が
自転車を練習した場所だそうです


お昼はホテルに帰って中華料理の食事

午後は胡同めぐりこれも歩いて歩いて
この日は歩きの一日でしたね

pekin06.jpg

自転車タクシーで観光客は胡同をまわります。
我々は歩きでした
pekin09.jpg



夜は京倫ホテルで中華料理を食べた後
カンフー劇場へ行きました
これは旅行のオプショナルツアーを申し込んだもので
劇場まで送迎してくれます350元(日本円で2700円くらい)

いやぁ~これは見に行って良かったです
感動物でしたよ
カンフーと踊りと歌のミックスミュージカルで宝塚のよう。
カンフーについてはすごいの一言でした。

台詞はこの時は西欧人が観客に多かったせいか全て英語でした
字幕が中国語で漢字で出るのでその英語の知識と漢字の意味とで
内容が分かりました

このミュージカル北京へ行ったらチャンスがあればぜひご覧ください
7月には日本にも来日するそうです

pekin11.jpg
紅劇場でカンフーミュージカルを見る

pekin10.jpg

終演後出演者がホールで撮影会
真ん中で見得を切って切っているのがわれらが主役純一役の役者さんです

以下このミュージカルの説明です

北京2日目は
pekin25.jpg

pekin24.jpg

ホテル近くの火鍋屋さんで夕食を食べました
言葉は通じないけれど
見本を色々目の前にもってきていただきなんとか野菜盛り合わせとキノコ、キクラゲ、イカのすり身、生麺などを注文することができました

スープの中にはクコの実、生姜、香菜、なつめなどが入っていて
しかも鶏ガラスープで贅沢なものでした
そこにそのお店でhight quality beefを頼みましたので
とても美味しかったですよ!!

残りのスープで食べる生麺は最高で
お腹がいっぱいなのにどんどん胃に入ってしまい困りました

★★★

夜遅くホテルへ帰ったら
怪しい「ピンポン~♪」に緊張が走りましたが
なんとそこにはボーイさんが
ケーキを持って立っていたのでした
その日は私のウン歳のお誕生日だったのですね!!



pekin05.jpg



pekin26.jpg



異郷の地で迎える誕生日
でもケーキは大き過ぎて食べられずほとんどがゴミ箱へ
ホテルで値段を見ると
ホールケーキ1個200元、~日本円で3000円位していました

「もったいない!!」

pekin32.jpg




『慕田峪長城(ぼでんよくちょうじょう)』へ連れて行ってもらいました

ここは北京からはちょっと遠く
観光客が少ない比較的のどかな長城だそうです



案内してくださった方が
行きはリフトかロープウエーで登り
帰りはスライダーで一気に降りてくるところが
気に入っているとか

なるほどスライダーは面白い!!
やみつきになりそう。


pekin34.jpg

pekin35.jpg


途中「杏売り」のおばさんより
杏(あんず)を買う



pekin04.jpg


生の杏は初めて食べました

ランチは
細切り肉とピーマンの炒め

pekin36.jpg



右に付いている副菜はゴーヤです
朝7時7分新宿発成田エクスプレスで成田からJL781便にて北京へ
約3時間半でもう北京
漢字の国だけれどそこはまったく別の世界
道路もビルもすべてが大きくて「ザ・大陸」という感じ。

道路は走っている車のほとんどがドイツ車、
タクシーはみな韓国の現代車時々TOYOTAや日産、ホンダ車
庶民がやっと車を持てるようになってきたとしても
この渋滞するおびただしい高級車の群はいったいどんな人が?

pekin29.jpg


そして街は来年のオリンピックに向けてどこもかしこも
工事中!
天にはあちらこちらクレーンの林立が・・・・。

古いものは壊され新しいビルがどんどん建て替わっています
!!pekin07.jpg

そして都会特有のスモッグ梅雨はないので夏が長い
以前を知りませんが北京は確実に変わっています。

ディナーは北京の知人に北京ダック連れて行ってもらいました

なまこのお料理は中国でも三大高級料理です。
三大料理とはあわび、フカヒレ、なまこだそうです
このなまこの煮付け頼みました

パクパク食べたら次の日の朝お肌はツルツルでしたよ!!pekin23.jpg




pekin31.jpg
南の島で知り合った三人はここ北京で会えたことを喜び
再会を祝って乾杯をしたのでした


kouyaa.jpg


今回2回目です
スープはにごっていてこってりしているけれど油っぽくない汁。

麺はかなり細麺でした

チャーシューは柔らかくて厚切りでした

普通くらいの美味しさかな。支那麺700円でした


こうやぐるナビ⇒ここ

住所:〒160-0004 東京都新宿区三栄町8
TEL: 03-3351-1756

最 寄 り 駅 JR四ッ谷駅   徒歩5分
アクセス:駅を出たら新宿通りを直進し右手に生花店がでたら右折し最初の角を左折50m程先。

営 業 時 間 11:30~22:30
定 休 日 日・祝



kouyab.jpg


久しぶりに新宿へ行きました
新宿と言えば「中村屋」へ行くところ
今日に限って店内改装のため休業
仕方ないので
タイ料理「バンタイ」へ





ランチの中から海鮮料理をいただきました
スープご飯デザートが付いていました

辛い物好きの私でさえ涙が出るほど辛い”大辛”でした
でも大変美味しかったですよ
次回も他の料理試してみたいと思います

連れて行ってくださった
【タイ料理の権威】の方ありがとう!!





bantai02.jpg

バンタイ:
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-23-14第一メトロビル3F
℡:03-3207-0068




1つ100円のバジル苗を植えたら大きく育って
収穫しました
スーパーで見たらコレくらいで200円で売っていました

バジルと言えばジュノベーゼが有名ですが
松の実がなかったので
次回にして本日は我が家の得意パスタ
カラマリトマトソースにしました

そしてその収穫したバジルを上に飾って
満足満足!!


karamaripasuta01.jpg




横浜に久しぶりに行きました
東横線は特急ができて渋谷=横浜間がなんと25分で到着
驚きました
私って、なんとおのぼりさんなんでしょう
こんなことに驚いているのですから!!

前菜が野菜のスティックアンチョビソース


irusajiob.jpg

これなかなか良いアイデアーですね
野菜は彩りもきれいでただコップにさすだけで
こんなにきれいになるのですもの
野菜は小にんじん、小大根、パプリカ、オクラが生のまま
コップに。ソースはアンチョビとにんにくがよく合っていました。

irusajioc.jpg

お料理は最後まで食べるとかなりお腹いっぱいになります

7年ぶりに会った仲間
話はジモティーな話題で尽きることありませんでした
その時まですっかり忘れていたことや人々を
鮮明に思い出すので不思議です

横暴な元町内会長が使い込んだ金は百万円しか返さなかったとか
つぶれてしまった八百屋さんのこと。
子供が少なくなって学校が合併してできた小学校はオープン教室になったとか。

あの人のことこの人のこと。

町内のスーパーは駐車場が【無料】でなくなったとか。

バス便が不便になった近くの町の人々が車でスーパーに来て
そこに車を置いてそこからバスに乗って出かけるので
駐車場が満杯になるのですって
それでスーパーは苦肉の策で無料をやめたそうです。
「ふーん」と私。


7年留守にしていた私はいろいろ情報を得ました。

名残惜しかったけれど私は澁谷へ
お仲間は地元へ
お別れしました


参考:
イタリア料理「イルサッジオ」:

℡:045 - 441- 3331  イルサッジオ直通

HP⇒ここ
アクセスマップはこちら⇒ここ
いつも前を通るたびに入ってみたかったお店
中国家庭料理「醉詩家(すーじーはうす)」でランチしました





入る前はおしゃれなお店だなぁ~と、思っていましたが
入ってみれば上品なラーメン屋さんという感じ
でもラーメン屋さんでも四谷っぽい。

私は餃子定食を頼みました。
小ラーメンは塩ラーメンでした。このラーメン細麺でなかなかおいしかったですよ。

このところ何回か通っている四谷
そう言えば3月引越しの頃も来ました
転居でてんやわんやの頃でした。

あの頃は桜が満開でしたが
今では新緑です
ここまでは時の経過のスローな流れを感じますが
これからは速いのでしょうね超特急のように。



yotuya01.jpg
JR四ッ谷駅


2ヶ月ぶりに美容院へ行きましたが
家族は誰も気づきません
お母さん、そして美しい妻(?)の顔をまともに見たことがないのでしょう
悲しい~!!

美容院は吉祥寺へ行きました

小腹がすいたので
母がいつも良いと言っている伊勢丹の上階にある「寿司清」に行ってみましたsusisei03.jpg









susisei02.jpg

ラーメンとそれほど違わないお値段で
このお寿司にデザートまで付いて
・・・・いいじゃない!

吉祥寺と言えばあのメンチカツやさんに今日も行列が並んでいましたよ
(以前行った時のブログ記事はここ

それには本日はスルーしてその近くの乾物屋さんで
「板ワカメ」買いました
itawaka01.jpg

なつかしい~
ビールのつまみに家で味わいました
さとちゃんを思い出しながら・・・・。
さとちゃんの板ワカメ今でも思い出しますよ~!!(ウィップ)
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。