上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



甘い物好きのオットドッコイさん
渋谷の「東横のれん街」で買って来ました


スポンサーサイト
tairab.jpg

お正月にタイへ行った子がお土産に色々なインスタントラーメン買ってきてくれました

dukedonmori01.jpg

お蕎麦も好きなんですがいつもはラーメンに走ります
今日はお連れ様とご一緒でしたのでお蕎麦屋さんへ


カスピ海ヨーグルトを作り続けていました
ずっと同じ素です
毎回ビンを消毒して元の種を少し取り分けて
次のヨーグルトを作るというものです
yoguru03.jpg


銀座で一度お茶をしたいと思っていたお店
でも、いつも満員で諦めていましたが
今回待たずに席がありました

kiru12.jpg

kiru09.jpg




tatumi01.jpg

調布駅北口からみずほ銀行の角を曲がると小さなお店
「たつみ」はあります。
いつも行列が出来ているので一度入りたいと思っていましたがなかなかチャンスがなかったのですが、やっと入るチャンスが巡ってきました。

我が家ではこれ大好きのようです
udonde02.jpg

これ、国外線の飛行機に乗ると出てくる時がありますね。

こどもが神戸に出張で
お土産に買ってきたもの






ここは実はこの地に引っ越してきてはじめて入ったラーメン屋さんだったのですが
まぁどうといって可もなく不可もないようなラーメン屋さんだと思いました

kagura06.jpg
神楽坂は近頃TVドラマの舞台になったりして脚光を浴びているようですね

ぞろぞろとグループで歩く仲間達たくさん発見しました

JR飯田橋駅を降りてしばらく歩くと神楽坂です

そこら辺の街とは全然違います

良き東京が残っている街

少し以前にタイムスリップした街でもあります



昨日神楽坂へ初めて行きました
そこで買ったもの「ペコちゃん焼き」です





昨日14日(月)
私の人生にはなかったことをしてきました

isuraerufolk.jpg







オットドッコイさん一押しの夢の豆大福手に入りました
世界で一番美味しいのですって



rinki01.jpg

ここは西永福駅前にあるラーメン屋さん
ラーメン屋さんらしからぬ風情のお店です

実はこのラーメン屋以前から気になっていたのですが
雑誌に(ラーメン専門の)このお店ニューカマーとして美味しいと載っていたので
俄然食べに行きたくなりました

末っ子を誘って鯛味のラーメンとはどんなかしら?
と興味を持ちながら参りました



ここはJR中央線の三鷹駅
この画像右のエスカレーターを上がっていくと
なんとショッピング街へと入っていくのです





実は南の島時代の知り合いから昨年の暮れに
今帰仁スイカを送っていただきました



お正月はいかがお過ごしでしたか?
我が家は長女が今晩タイより帰国して(する予定)すべての家族がやっと揃います
作るとすぐに食べてしまうので写真がありませんが・・・・



kyoutomomiji.jpg


怒涛のような2007年を終え
2008年が皆様にとってより良い年となりますように

この紅葉は昨年暮れに行った東福寺のもみじとおぜんさいです

おぜんざいは私が食べたのではありません友人です(笑)



torajisio.jpg

2007年はもう過去になりましたがとても忙しかった年でした

1月に7年間ずっと念願だった同じ市内で引越しをして
気分を新たにしました。

2月には東京にいる子供たちとイタリア旅行を楽しみました
帰ってすぐに南の島から夫が転勤することになりました

なんだかんだで3月初めには東京に新居探しに来て
新しい家を何とか借りて3月末には南の島から”おのぼりさん”よろしく
出てまいりました。
それから先はこのブログに書いてあるとおりです

5月母と奈良旅行
6月友人と北京旅行
7月関西の友人と都内ホテルで1泊旅行
7月学生時代友人と1泊旅行
10月~11月にかけて友人達とポルトガル旅行
12月友人達と京都旅行
12月旧交を温め、博多旅行


その他あたらしくブリッジ教室、卓球教室に通って

毎日がアップアップでしたが

とても充実した1年でした

毎年お節を作りながら紅白を見るのですが
今年はオットドッコイさんと二人だけの年越し

浜田山の虎ジで塩ラーメンで年を締めくくりました

最後にラーメンで年を越せるなんて、なんと幸せなことでしょう

ここの塩ラーメン逸品です
虎ジ食べるなら塩ラーメンがおススメです。
大晦日で分かったこと

世の中蕎麦屋さんはどのお店も満員でしたが
大晦日のラーメンやさんって
カラカラですよ

面白いですね。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。