上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
sentoannakiseki01.jpg
久しぶりに映画を見ました
「アマルフィー」「ボルト」「ハリーポッター」というような大作といわれるたくさんの映画館で上映している映画ではなく、今、東京ではたった2館しか上映していないレア-な作品ですが
見ごたえは十分、堪能しました。

戦争場面が多く、たくさんの人が殺され亡くなりますが
そこがちょっと戦争映画が好きでない私には苦痛でした

冒頭で郵便局でおこった衝撃的なドイツ製のピストルによる殺人事件、
それがどうして起こったか?
その意味がそこから謎解きのようにこの映画の中で解明されていくこととなるのです。

重要なスパイスとして一つの彫像がずっと最後まで関連してくるのです

根底にある問題はアメリカの黒人差別問題
黒人だけで編成された部隊があってその部隊はアメリカ軍の中で人間扱いされていなかったということ

迷い込んだイタリアの地では全然黒人だからといって差別されなかった

そしてそこの住民がナチスドイツ軍によって残虐殺の地となる運命にあって・・・・

結末は申し上げませんが
いやぁ~なかなかです

たぶんご覧になるチャンスはほとんどないと思いますが
もしチャンスがあればご覧になることをお勧めいたします

[監督][製作]スパイク・リー
[原作][脚本]ジェームズ・マクブライド
[出演]デレク・ルーク マイケル・イーリー ラズ・アロンソ オマー・ベンソン・ミラー マッテオ・シャボルディ
スポンサーサイト
  
コメント

映画の案内で見ていたのです。
やっぱり よい内容のようですね。
 見る 機会があればいいのですが。
小紋│URL│09/09 14:22│編集

小紋さん
私のあまりにも「時々」の記事にコメントしてくださり感謝です!!
ありがとうございます

この映画見て良かったです

多くの方に見ていただきたいけれど
東京で2館しか上映していない・・・・では、
地方の方はたぶん見るチャンス少ないと思い大変残念に思います

DVDになったら見れるかしら?

近頃ないくらいお勧めです
マー│URL│09/12 00:04│編集

う~ん、きっとストーリーが緻密で深い理由がある映画なんですね。
私も戦いで血の場面は苦手な方です。

私が最近観たのは「母なる証明」
隣に座った人が、途中で飛び上がってビックリしてました。
(↑そういう場面があるのです)
私はその人の様子と映画の場面で、「二重にビックリ」

映画館で観ると、映画館ならではの雰囲気も味わえて
いいですよね~。

「セントアンナの奇跡」はうちのオヤジが好きそうなので
教えてあげようと思います。コマオヨ~(^o^)/
オクサン│URL│11/11 23:28│編集

お元気ですか?
しばらくお留守の様で、お忙しいのかな?
ちょっとご機嫌伺いに参りました。
sawa│URL│12/14 15:53│編集

sawaさんようこそ!!
このブログ暗証番号等が分からなくて入れなくなってしまったの
なんとか入れるように試みますね
まったく困ったものです(爆)
マー│URL│12/14 23:10│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://onoboridot.blog100.fc2.com/tb.php/212-01ebe874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。