上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供達が住んでいた東京のマンションと我々夫婦が住んでいた南の島と二軒分の荷物でごったがえしていた新居もやっと引越しの荷物を入れていた箱がなくなって床が見えてきました
掃除機をかける幸せに浸っています。

でも、一番困ったのは調味料などが二軒分それに
洗面台の下にある洗剤やシャンプー、洗濯用品が二軒分あるということ

何とか押し込めましたがすっかり消費するのはいつのことだか

あと、子供達の洗濯物各自下着などは1週間に1度各自で洗ってくれるのですが細かいもの、靴下などは誰の物だか名前も書いていないので
困ります。

靴下は片方だけのものが、しかも同じような色形の物の集合で

どうしましょう!!

行き場のない靴下やハンカチなどが山となって孤児となっています

「あ~あ」ため息

7年の空白とはこういうところにしわ寄せがくるのね。

スポンサーサイト
  
コメント

 12月に家人が退職しましたので、うちも10年分の2ヶ所の荷物でうもれています!
 急がず、あわてず、処分をたのしむことにしました(そうせんば、生きていけんだろう!)
 どうするか迷うときは、お遍路さんのことを思い出すようにしています。
 少ない荷物で生きていってみたい。
水戸小紋│URL│04/18 19:46│編集
水戸小紋さん
この転勤を知らずに1月に南の島で引越しをしました
その時トラック2トン分の要らないものを処分しました
それで物の置き場所が定位置となって家中がとてもスッキリしたのです
今回の2ヶ所からの引越しでせっかくの定位置もすっかり
くずれました
お遍路さんのように、禅宗のお坊さんのように
少ない荷物にあこがれます
マー│URL│04/18 21:47│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://onoboridot.blog100.fc2.com/tb.php/5-1b989507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。